カレンダー
2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の記事
カテゴリー
過去の記事

山登りと生ビールをこよなく愛し、毎日1万歩を歩く、塩原温泉の老舗旅館「明賀屋」の社長が、日々のあれこれをつづります。

伊藤元重教授 講演会

2011年2月15日 07:45

今朝の塩原温泉は雪も止み、晴れ間が広がってきました。

昨日はNTTユーザー協会主催の講演会で宇都宮に行ってきました。馬頭の広重美術館や、宇都宮の県立博物館も行きたかったですが、両方とも月曜日で休館でした。

東京大学大学院の伊藤元重教授の講演会の概略をお伝えいたします。

最初の前置き通り前半は3つの観点から暗い話。ただ暗い中に明るい芽の話があります。

1 日本の財政悪化による国債の暴落の可能性。ただ日本の財政は医療、年金、介護にメスを入れれば一気に改善するようです。

2. グローバル化が進む、10年後中国のGDPは日本の3倍になる予測がある。インドやアセアンのGDPも日本を抜きそう。 これはアジア全体でのビジネスをすると成長が期待できます。

3.縮小する国内市場で 既存の業界の再編、縮小が進む。

 きもの業界はこの10年で市場規模が半分になったそうですが、その中で適正価格で売り産地も支援した会社が 分厚い内部留保を貯めていることや、廃業が相次いでいる日本酒業界で 〆張鶴というメーカーが直販主体で売上20億、利益9億の話に勇気ずけられます。

 

今の停滞感漂う中で何をするかですがについて、5つのことも話されていました。

1、今まで以上に頑張る

2 競争相手を抹殺する

3、差別化をはかる

4. お上(政府)に助けてもらう

5. やめる

以前は3までの事を言ってきましたが、4と5が加わったそうです。5について、高学歴で一部上場会社に就職して、30年くらいたって四国のお遍路さんをやる方が増えているそうです。人生をやり直すのでしょう。

私は 1と3 特に3について 考え実行したいと思いました。でも4−5日ならお遍路さんをやりたいとも思います。

でも大学の先生は お酒が好きな方が多いような気がします。

Simgp4703 講演中は撮影禁止で講演前に写真を撮りました。                        

Simgp4709 今朝は当館周辺も雪化粧しました。