カレンダー
2012年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
最新の記事
カテゴリー
過去の記事

山登りと生ビールをこよなく愛し、毎日1万歩を歩く、塩原温泉の老舗旅館「明賀屋」の社長が、日々のあれこれをつづります。

スッカン沢下流

2012年2月13日 07:19

今日の塩原温泉は雲が多めの朝です。昨日道路の雪は 溶けましたが当館手前の日陰に雪は残っています。

先日下野新聞に スッカン沢上流の 大きなツララの写真が載っていました。当館から行くには甘湯で車を止めて片道2時間以上歩く必要があります。

もう少し手軽に氷の造詣を見られる場所はないかと考えたら、当館から約1km上流に見られ場所があるのを思い出しました。

梅が丘を過ぎ、公衆トイレの脇のゲートを超え。(一応通行止めなので、自己責任になります)歩くこと約15分。スッカン沢と鹿股川が合流する手前に氷の造詣が出来ていました。

下野新聞に載った場所ほどではありませんが、なかなか きれいです。

くるぶしまでの靴を履いて行きましたが、次回は長靴を履いて、もう少し奥まで行こうと思います。

以前書いたかもしれないですが、スッカン沢の由来は、硫黄が湧き出している所があり、酸っぱいがスッカンになったからと言われています。

Simgp8721 鹿の足跡?

Simgp8723 スッカン沢が鹿股川に合流する手前です。

Simgp8726 少し上流には砂防ダムがあります。

Simgp8727  青味がかっている氷もあります。

Simgp8728 右から流れ込むのがスッカン沢。左奥から流れてくるのが鹿股川。