カレンダー
2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の記事
カテゴリー
過去の記事

山登りと生ビールをこよなく愛し、毎日1万歩を歩く、塩原温泉の老舗旅館「明賀屋」の社長が、日々のあれこれをつづります。

佐賀のがばいばあちゃん

2012年8月25日 07:19

今日も塩原温泉は快晴で、絶好の行楽日和です。

図書館から佐賀のがばいばあちゃんを借りてきて、読みました。著者は島田洋七さんです。

これは著者の自伝ですが、母親の住む広島からお祖母さんの住む佐賀に引っ越す場面」からの物語です。

表紙のように磁石を引きずって鉄くずを集め、生活費の足しにしたり、川に仕掛けをして、上流の市場から流れてくる物を食べたり使ったりしながら、貧乏でも明るく逞しく生活しています。

がばい は すごい と言う意味で、このおばあさんも 名言を幾つも言っています。「同じ貧乏でも 明るい貧乏と暗い貧乏がある」は、本当に名言です。

今の日本は お金がないと不幸のイメージがありますが、貧乏でも幸せがあるのも、忘れてはならないと思いました。

Simgp1543