カレンダー
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の記事
カテゴリー
過去の記事

山登りと生ビールをこよなく愛し、毎日1万歩を歩く、塩原温泉の老舗旅館「明賀屋」の社長が、日々のあれこれをつづります。

東山道伊王野の“新そば”

2014年12月 5日 10:52

<代筆です>

那須地域はそばの産地でもあり
この時期は“新そば”がどこでも食べられます

今日は那須町で一番有名な
道の駅「東山道伊王野(とうさんどういおうの)」へ足を運びました

ここには大きな水車があり
大きな石臼で挽いたそばを食べることもできます

io1.jpg

 
io2.jpg 
注文したのは“天ざる”
新そばと地元の野菜の天ぷらが味わえます

io3.jpg 
いつも美味しいそばが味わえるので
昼前から多くの人で混雑しています
(第二食堂を現在建設中です)

この日は川の水を汲みあげて
水車が回るという
迫力あるシーンも見られました

io4.jpg 
“東山道(とうさんどう)”は
かつて源義経が鎌倉に登る時に通った街道として有名で
この街道の各所に色々な伝説が残っています

道の駅のすぐ近くに残るのが
「弁慶下駄掛石」です

弁慶が那須山で修業した折に
下駄の歯に挟まった石を取ろうとしてひとふりしたら
伊王野のここまで飛んできたというお話です

io5.jpg 
石の大きさと20km以上の飛距離が
弁慶の豪傑さを表し
今もなお伝説として伝えられています

義経伝説がたくさん残る東山道を歩きながら
名物のそばを味わうのもまたいいものです

reporter DAI