カレンダー
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
カテゴリー
過去の記事

山登りと生ビールをこよなく愛し、毎日1万歩を歩く、塩原温泉の老舗旅館「明賀屋」の社長が、日々のあれこれをつづります。

水力発電 その1

2020年5月20日 07:10

今日も塩原温泉は、雨になりました。7時現在 玄関前の気温は10度です。

 

今日と明日の2回 当館の上流で計画がある水力発電に関してのお話をいたします。

 

塩原の川沿いにある温泉は 川の水の量が増えると 温度が上がり量も増え、川の水の量が減ると逆の現象が起きる源泉が多いです。

 

当館の源泉の一つである刈子の湯も その傾向があります。

 

某大手土木会社が 刈子の湯の前を流れている鹿股川の上流に水力発電の取水口を作り 下流で発電する計画があります。刈子の湯の前の川の水量が毎秒1トン減るそうです。

 

この会社の方が当館に来られたので 私が 刈子の湯の傾向を話して 地下の温泉の流れは分からない旨を説明したら 担当者は地下の事が分かる との事でした。

DSCN8124[1].JPG

  刈子の湯源泉 数年に一度水が増え 鉄板が曲がるのでしょう。目の前を流れているのが鹿股川です。この川は下流で当館の川岸露天風呂の前も流れています。